トレーニング方法について

こんなことでお困りではないですか?

  • 何度叱っても家のあちこちでオシッコをしてしまう。トイレがなかなか覚えられない。
  • 人を見るとみさかい無く飛びついてしまうのでヒトに近づけられない。
  • 遊んでいるつもりだろうが、すぐに咬みついてくる。
  • 玄関チャイムの音や来客に対して吠え続ける。
  • 散歩中ひたすら引っ張り続って、飼い主の言う事をきかない。
  • 散歩中他の犬を見かけると、ワンワンキャンキャン吠え続ける。
  • 家の中のあらゆる物を咬んでちぎって台無しにしてしまう。

これらは程度の差はありますが、ほとんどの飼い主さんが持っておられる悩みでもあると思います。

こんな状態のままのワンちゃんと生活するのでは家の中でも散歩でも苦労が絶えませんし、他人を傷つけてしまわないかと心配です。

これら問題行動の解消のためには、ぜひ『しつけ方レッスン』をおすすめいたします。

トレーニング方法

当スクールでは、体罰を加えたり、リードを強く引き強制的にしつけをするのではなく、オヤツやおもちゃ等のご褒美を使って犬の良い行動を引き出し、その行動に対して報酬(動機)を与えることにより良い行動を強化していく、【モチベーショナルトレーニング法】(動機付けによるトレーニング法)を採用しております。

犬の本能や学習方法を踏まえた上で、犬にできるだけ負担をかけずに、人道的且つ科学的に行うトレーニング方法です。

また、愛犬をしつける主役はあくまで飼い主さんです。

しつけ教室においてはそのしつけ方の実技を愛犬同伴の飼い主さんにレクチャーするスタイルでトレーニングを行います。「トレーナー」ではなく「インストラクター」ある由縁です。

「しつけ」というものは、犬に厳しく正していかなくてはいけない。というイメージになりがちですが、当スクールにおいては飼い主さんとその家族が楽しみながら愛犬とのコミュニケーションをとれるようなしつけ方教室にする事を心がけています。

犬の研究は日々進んでいます。レッスンを行う上では、より新しい情報を分かりやすくお伝えするのもインストラクターの仕事だと考えています。

そして参加していただく飼い主さんとワンちゃんがともにトレーニングをする楽しさを理解し、人も犬も笑顔になれるよう、今後とも努力してまいります。

クリッカートレーニングについて

当クラスでは、犬の可能性をより引き出すトレーニング方法として、『クリッカートレーニング』を採用しています。

クリッカートレーニングは、犬が自ら考え選んだ選択肢に対し報酬が出るという方法なので、人間との関係を壊しにくく犬が学習することを楽しんでくれます。

音とトリーツ(食べ物)を結びつけることで、カチッと音が鳴る=食べ物がもらえることを犬は理解します。

望んでいる行動が出たらよいタイミングでクリックすることでさまざまなしてほしい行動を犬にわかりやすく伝えることができます。

犬にとっては正解を見つけるゲームのようなものなので、ルールを覚えた犬はクリッカーがなる行動をいろいろ考えてくれるようになります。

脳トレにもなり、柔軟で発想も豊かになります。

QOL(生活の質)健康管理のため、苦手克服・困った行動への対処などさまざまな目的のためにクリッカーを用いることができます。

  • 愛犬が退屈そうにしている。
  • 愛犬と楽しむことって、オモチャで遊ぶ以外にもあるの?
  • いろんな芸(トリック)を教えてみたい。
  • クリッカーって、聞いたことがあるけどよくわからない。

愛犬の可能性を広げるためのコミュニケーショントレーニングとして、ぜひおすすめいたします!